上杉鷹山の生涯  ~不安定な現代に役立つ格言~

上杉鷹山(うえすぎようざん)は、J・F・ケネディ元アメリカ大統領やビル・クリントン元大統領に「もっとも尊敬する日本人政治家」と言われた江戸時代の米沢藩主(現:山形県米沢市)です。誰もが知ってる「なせば成る 為さねば成らぬ何事も」。この名言が生まれた背景、上杉鷹山公の素晴らしさを写真や絵を多く用いて説明します。

「上杉鷹山: 精神の改革」 一覧

上杉鷹山: 精神の改革

上杉鷹山: 精神の改革

上杉鷹山は、「民の父母」となることを自分に言い聞かせ、藩政改革のに必要な場合には、例え重臣であっても処罰する、という厳しい態度で自分にも他人にも律してきました。

上杉鷹山: 精神の改革

しきたりにはこだわりません

江戸時代は、昔からのしきたりが数多く残されていましたが、上杉鷹山は大胆にもしきたりの一部を見直しました。 それは藩主として初めて米沢に入るときからはじまり、改革への意気込みを周囲に示したと言われていま ...

上杉鷹山: 精神の改革

改革への誓い

上杉鷹山は、藩主となった明和4年に、米沢林泉寺境内にある、上杉家の祖新春日社に、「民の父母」の心構えを第一に、質素倹約を忘れない、など、藩主個人としての行動を誓ったのです。 さらに、翌年には置賜郡の守 ...

Copyright© 上杉鷹山の生涯  ~不安定な現代に役立つ格言~ , 2018 All Rights Reserved.