上杉鷹山の生涯  ~不安定な現代に役立つ格言~

上杉鷹山(うえすぎようざん)は、J・F・ケネディ元アメリカ大統領やビル・クリントン元大統領に「もっとも尊敬する日本人政治家」と言われた江戸時代の米沢藩主(現:山形県米沢市)です。誰もが知ってる「なせば成る 為さねば成らぬ何事も」。この名言が生まれた背景、上杉鷹山公の素晴らしさを写真や絵を多く用いて説明します。

「アメリカ大統領が尊敬する理由」 一覧

アメリカ大統領が尊敬する理由

ケネディ元大統領が「上杉鷹山を尊敬」文書が存在

ケネディ元大統領が「上杉鷹山を尊敬している」という事実はないのではないか? という議論がありましたが、それを覆す発表が2013年12月18日にありました。 在日米大使館(東京・赤坂)のカート・トン首席 ...

アメリカ大統領が尊敬する理由

上杉鷹山がアメリカ元大統領に尊敬される理由

上杉鷹山は、かのジョン・F・ケネディ元アメリカ大統領や、ビル・クリントン元アメリカ大統領から、【最も尊敬する日本人政治家】と言われています。   なぜ上杉鷹山はそれほどまでに有名だったのでし ...

アメリカ大統領が尊敬する理由

ケネディ元アメリカ大統領と上杉鷹山の接点

アメリカのケネディ元大統領が「最も尊敬した日本人」は上杉鷹山と語ったことは非常に有名ですね。〈ケネディ大統領が日本人記者団の質問に答えたもの。質問した記者たちのほうが鷹山を知らず、閉口したというエピソ ...

Copyright© 上杉鷹山の生涯  ~不安定な現代に役立つ格言~ , 2018 All Rights Reserved.