「上杉鷹山: 財政の再建」 一覧

上杉鷹山: 財政の再建

上杉鷹山: 財政の再建

上杉鷹山、藩主自らが率先して節約した生活を行い、透明な会計を大事にした、現代でも通用するすばらしい手法です。

上杉鷹山: 財政の再建

自ら進んで倹約

上杉鷹山は、自分から進んで倹約をしていました。 江戸での一年の生活費をそれまでの七分の一である209両ほどとして、 衣服や食事、本などをまかなったそうです。 上杉鷹山の米沢での生活費は、さらに少ないも ...

上杉鷹山: 財政の再建

お金の出入りをはっきりと

明和8年(1771年)には、「御領地高並御続道一円御元払帳」という一年間の米沢藩の収入、支出、借金などを詳しく記載した帳簿が作られました。 このような帳簿は、米沢藩内ではじめて作られたと考えられていま ...

上杉鷹山: 財政の再建

多くの意見に耳を貸す

上杉鷹山は、寛政の改革でより多くの人々の意見を聞くことを大事にしています。 寛政3年(1791年)、追手門前、政治所脇に「上書箱」という意見を投げ入れるための箱が設置され、所属を明確にすれば、藩士だけ ...

Copyright© 上杉鷹山の生涯 ~不安定な現代に役立つ格言~ , 2018 All Rights Reserved.