上杉鷹山の生涯  ~不安定な現代に役立つ格言~

上杉鷹山(うえすぎようざん)は、J・F・ケネディ元アメリカ大統領やビル・クリントン元大統領に「もっとも尊敬する日本人政治家」と言われた江戸時代の米沢藩主(現:山形県米沢市)です。誰もが知ってる「なせば成る 為さねば成らぬ何事も」。この名言が生まれた背景、上杉鷹山公の素晴らしさを写真や絵を多く用いて説明します。

上杉鷹山の三大改革

上杉鷹山の三大改革1 財政の再建

更新日:

上杉鷹山が藩主となった頃、米沢藩15万石の財政は良いものではありませんでした。
というのも、江戸幕府が開かれた頃、「まだ戦が起こる可能性がある」とした上杉景勝(直江兼続)の考えで、通常よりもはるかに多くの家臣を養っていたからです。

その負担が上杉鷹山が藩主になった頃には著しく、早急な財政改革が必要でした。
この難関に対して、上杉鷹山は現代でも通じるような的確な方法で乗り切ったのです。
詳しくは、上杉鷹山:財政の再建にてどうぞ!

 

他の改革についてははこちらから

上杉鷹山の三大改革2 産業の開発

今でこそ、米沢藩のあった山形県米沢市は豊かな産業で潤っていますが、上杉鷹山が藩主となった頃には明確な特産品というのはなかったそうです。 他国との差別化が生き残る方法だ、と考えた上杉鷹山は、焼き物から木 ...

続きを見る

上杉鷹山の三大改革3 精神の改革

上杉鷹山は「民の父母」となることを自分に言い聞かせ、藩政改革のに必要な場合には例え重臣であっても処罰するという厳しい態度で自分にも他人にも律してきました。 詳しくは、上杉鷹山:精神の改革にてどうぞ! ...

続きを見る

-上杉鷹山の三大改革

Copyright© 上杉鷹山の生涯  ~不安定な現代に役立つ格言~ , 2018 All Rights Reserved.