上杉鷹山が残した言葉たち

民の父母

投稿日:

受次ぎて国の司の身となれば忘るまじきは民の父母

上杉鷹山が、17歳で第9代米沢藩主となったときの決意を込めた言葉です。
現代訳は、『藩主としての自分の仕事は、父母が子を養うごとく、人民のために尽くすこと』という意味で、わずか17歳の若者がそこまで自分を律し、米沢藩のために尽くそうと考えたところに、上杉鷹山の非凡さが伺えますね。

-上杉鷹山が残した言葉たち

Copyright© 上杉鷹山の生涯 ~不安定な現代に役立つ格言~ , 2018 All Rights Reserved.