上杉鷹山とは?

上杉鷹山は米沢藩生まれじゃない!?

更新日:

上杉鷹山は、米沢藩生まれではありません。

非常に有名な戦国武将「伊達政宗」は米沢生まれなんですけれど

上杉鷹山は、寛延4年(1751年)7月20日に、日向高鍋藩主・秋月種美の次男として、高鍋藩江戸屋敷で生まれたのです。高鍋藩とは、今の宮崎県高鍋町周辺を治めていた藩で、上杉鷹山が生まれた頃は2万7千石の小藩でした。

今の宮崎県にある藩主の次男と、米沢藩。
一見なんの関連もないように思えますが、上杉鷹山の祖母が当時の米沢藩主である上杉重定と「従兄弟」の関係にあったのです。

そういったつながりが元で、上杉鷹山が9歳の時、祖母の推薦により、跡継ぎのいなかった米沢藩主、上杉重定の養子に内定したことが、高鍋藩主の次男が米沢藩主になった理由です。

 

次のおすすめ記事はこちら

上杉鷹山の三大改革

上杉鷹山は窮地に追い込まれていた米沢藩を3つの大きな改革を行うことで見事に建て直し、今も残る素晴らしい藩を作り上げました。

続きを見る

-上杉鷹山とは?

Copyright© 上杉鷹山の生涯 ~不安定な現代に役立つ格言~ , 2018 All Rights Reserved.